忍者ブログ

ディプスリーの口コミ情報

ディプスリーの口コミ

2017.04.24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.04.25

ディプスリー開発者の春山さん

ディプスリーのことを「僕に“上質の眠り”を取り戻してくれた

魔法のベットパッド」だと言われます。

38歳の時、寝返りが打てなくなった春山さんは、毎晩痛みで目を覚まし、

春山さんに寝返りを打たせてくれたのが奥さんだそうです。

そんな春山さんと奥様に、このベットパットディプスリーは

再び“上質の眠り”を取り戻してくれたのだそうです。

じわっとくる、雲の上で眠っていたような暖かさだということです。。

ディプスリーは4層構造になっています。

  1層目は一番肌のあたる部分ですが、肌触りの良い光沢のある上質綿100%

  2層目は常温遠赤外線効果の高機能セラミックス

  3層目は抗菌・消臭機能に優れた銅イオンを不織布に浸透

  4層目 通気・弾力性に優れたハニカム状のメッシュ生地

セゾンダイレクトのディプスリー購入者の感想です。
 

PR
2008.04.25

ディプスリーという、高機能ベットパットがあります。

「ディプスリー」は、数種類の天然セラミクスを混合した高機能のベットパッドですが、和布団にも使えます。

このセラミックスと遠赤外線の働きが、深い眠りに導くそうです。

このベットパットを開発したのは、24歳より進行性筋ジストロフィーを発症し、現在は首から下を動かすことが出来ない春山満さんです。

ちょうど13年前に寝返りが打てなくなったディプスリー開発者・春山満さんは言われます。

いつか眠りを取り戻したい。
本当の願いは女房にもう一度眠りを取り戻してあげたい。

そのような観点から開発された「ディプスリー」です。

楽天では、セゾンショップと、ショップ島で販売されています。

腰がいつの間にか調子よくなった人もいるそうです。

もうすぐ母の日です。母の日のプレゼントにいかがでしょうか。



2008.04.23

楽天にある「ショップ島」(東京テレビランド)のディプスリーは、

ベッドぱっとです。和布団にももちろん使用できます。

「痛快!買い物ランド」でも宣伝しているディプスリーは

春山満さんが開発されたパッドです。

どうして開発されたのか・・・

あるとき寝返りが打てなくなり、自分を介護してくれる家族を

幸せにしなくてはと思われたのだそうです。

そのような観点から商品を開発して来られた春山さんです。

ディプスリーの効果は多くの公的機関で実証されています。

2008.04.23
楽天にある「ショップ島」(東京テレビランド)は、テレビショッピング番組
「痛快!買い物ランド」を企画・運営している会社です。

「痛快!買い物ランド」は、司会を梅宮辰夫&山田邦子、梅沢冨美男&沢田亜矢子

のコンビでおなじみです。

楽天の「ショップ島」で売れ筋の「ディプスリー」は、敷き布団代わりに

敷いて使えるパッドです。ベッドにも使えるそうです。

素材は、一番身体に触れる表地が綿100%になっています。

4層構造になっていて、遠赤外線の自然な暖かさで、冷え症の人にとって

寝やすくなったと感じる人が多いらしいです。

この「ディプスリー」を開発なさったのは、春山満という人で、24歳より

進行性筋ジストロフィーを発症されたのですが

1988年、全国初の福祉のデパート「ハンディコープ」を開業

1991年、株式会社ハンディネットワーク インターナショナルを設立

2003年には米国ビジネスウィーク誌にて『アジアの星』25人に選出された方です。

2005年4月にオリックス・リアルエステート(株)と共に、高齢者住宅運営事業会社オリックス・リビング(株)を設立されています。

2008.04.22

ディプスリーというネーミング、「Deep Sleep」からきている
のでしょうか。

Deep=深い、Sleep=眠り
「ディプスリー」は、数種類の天然セラミックスを混合してある高機能のパットです。

天然セラミクスが持つ常温の遠赤外線が働いて、深い眠りに導くそうです。

このパッド「ディプスリー」は、4層構造になっていて
1層目の身体に直接触れるところは、100%コットンです。

抗菌・消臭機能に優れた銅イオンを不織布に浸透させているそうです。

  BackHOME : Next 
フリーエリア
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
  • seo

ディプスリーの口コミ情報 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]